title

ブログパーツUL5

おきてがみ

269ml
壊れ始めてる。既成は全て。何か新しいことを一つ。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

あかちょうちん

 

「貨物列車が通ると揺れた。」24時間通る。日本の大動脈だから止めてはいけない。

当然のこと。居着いた頃は、いちいち目を覚ましていたが、いまでは風の音と変わりない。

揺れるのも風。

慣れたなぁ。ゴトゴトと通るのが少ない日もある。そういう日は月が出ていたり、

真っ暗で新月と判る。

寝ていて電車を乗り越すと、たいていは降りるはずだった駅を発車した直後に目がさめるので、

自分の部屋が通り過ぎていくのを見ていた。

ああ、また逆戻りね。

繰り返すと結局は、夜道を歩くことになる。

時限はないし、急ぐことはないし、帰る必要すら無い。

そこは何処なのかわからない。

それなのに居て、また、貨物列車が通る。こるくぼーどが多肉植物の上に倒れた。

あー。

ごめん。

また、丑三つ時を過ぎた。お化けも最近は出てこないし。寝てしまう必要もない。

酒だけが進み、夜も更けていき、深くなる夜の色が、夜明けに向かう頃寝るのだ。

静かに静かに、春は、夏になりながら、冬に戻りながら、季節が進む。

時間は貨物列車のようにゴトゴトといわないし、時計の電池が切れても進んでいる。

 

さて、ワイングラスを洗って、

うららかに

 

ああ、一世代戻るが”ブログ”というものがあったorある。

一旦、全非公開にしていたのを引っ張り出してきた。

この存在を知っていたのは数名だね。

また始めようかなと思いながら読んでいくと、すでに書いている事が多い。

ストックはたっぷり千以上の既投稿がある。

さして、新しい記事を作らなくても非公開を、公開すればいいかなと思いました。

 

徐々に。