title

ブログパーツUL5

おきてがみ

269ml
もう、壊れ始めている。既成にしがみつくとよくないきがするなぁ。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

今日の良かったこと!

 

Kilimanjaroに登った靴のソールの張り替えが、出来上がったこと。22年ぶり。

ソール素材は進化してるんだ。

靴の高さが1cmぐらいは下がった。

 

Harbsのミルクレープを買った。喰った。

何年ぶりだろう。

値段はかなり上がったが、

かわらぬ、あのミルクレープ。

(結)承転起

 

日本(極東の小さな小さな島国)はすでに、祭りを終えているとおもう。

終わった祭りを夢見て、同じことを繰り返している。

 

環境は大きく変わっている。

 

祭りの後を承けて、発想が必要だ。

理論は、定型手法は、伝統は、古典的環境では有効だった。

転じて、発起せねばなるまい。

 

繰り返す。

環境は変わった。

日本は有史初の人口減少局面を迎えている。

年寄りは、じゃぶじゃぶ享受をむさぼり、さらに年寄りになる。

 

一度大きな崩壊が無ければ救われないかも知れないが、

そんなに心配することでもないのかもね。

伝統を捨てているのは、じじばばだ。やつらは年功序列にしか生きられないから。

老人の押しつけでなく、真の伝統を守るのは唯、将来を担う覚悟のある人々だ。

 

いや、心配ない。

ゆっくり、急がなければ。急ぐと間違うからね。

 

 

満月が、こっちを見ている。

日本人は、大和人は、縄文人は月を観てきた。

太陽の方がいいよというのもあり。

月がくれる、身の丈にあった、なにもなさを、幸福と言ったんじゃないかな。

 

細い細い三日月 や 新月 の心細さがあり、今宵の満月。

七夕

 

 

どうやったら、「たなばた」とよめるのか。
西洋人に理解させるのは、至難というか、無理。
「丸暗記してください。」

むかしから、そういわれているからこれからも。
あるいは、無理無理をこじつけ、押し付ける。

これも、実は今日では無し。
日本は明治五年に太陽暦に移行した。同時に皇室の正装が和服から洋服に変わった年でもある。
神武天皇の即位の日(年)が、日本建国とされたのもこの年である。
この後、欧化(欧米かじゃないよ)した日本は、ドイツやイギリスに影響を受ける。
同時に『神話や伝統』が造り上げられてきている。
私自身が、青年期、没頭した居合道、剣道、などは伝統でなく一部の日本人の半創造であり、軍隊の維持(意地)のためだったことは、これを知った時には相当の打撃でもあった。しかし、身にしみた甲冑はそう簡単には外せない。いまでも。銃剣道が古来の伝統でないのは簡単に解るのに、あほだったなーと思う。ついでにやった槍術、抜刀術、柔術も。

欧化というのはいろいろ痕跡が残っている。
日本の学問においてドイツ語は一般化してて、翻訳不要であるし(医学、スキー場、芸術系)、イギリス製の戦艦『三笠』で、神風級の大幸運でバルチック艦隊を破ってしまった。
日本、日本帝国、大日本帝国は太平洋戦争で敗れるまでは、負けない皇軍を擁する国であった。日本はその時から脱亜を選んでいたんだった。

大分飛躍したが、日本で語り継がれる祝祭日は太陰暦のものである。
ハッピーマンデーなんかは『屁』である。要するにいつでもよい。

8月に「山の日」ができるがこれは太陽暦で問題ない。
太陽暦のお祭りで出会えたお二人には、祝福致す。

Happy Bamboo Tree Festibal!!

ちぇほふ
わたしはカモメ
いえ
私は私。


24時間
24時間営業は禁止。

こんなコトするから、仕事が増やされ、結果、時給はへる。

当然のこった。
24時間営業はコンビニを含め、日本人の生活の質を劇的に落下させた。携帯もそう。

携帯、コンピュータ、コンビニ これが無くなれは、バラ色の人生が待っている。
拝啓 高田渡 さま
値上げを聞いて、日本が寄り切る様を見事に言い当てていると、驚いた。

「値上げ」を例えば
「原発再稼働」
「オスプレイ日本上陸」
「消費税増税」
に変えてみよう。

国会とかニュースとかで、誰かが話している言葉が『値上げ』の歌詞の何行目かで、現在位置が解る。言ってみれば、高田渡さんが見事に日本の意思決定基準を公開したのだ。
恐らくはこれからもこれからも繰り返されるだろう。

酔っぱらっては眠りこけたくなるのも無理無いねえ。

http://www.youtube.com/watch?v=u0Lkv9tUVy0

斬新!

斬新 【ざん-しん】

趣向や発想などがきわだって新しいさま。
常識破り
奇抜なアイディア
斬新であることに疲れてきているのは俺だけ??
売らんかな。
目立たんかな。
数々の斬新が、世に送り出され、コンセプトがどんどん現実になった。
追いかけることへの疲労と費用と無意味さにあきれている。
斬新はあっという間に次の斬新に追い抜かれてきた。
新製品ならまだしも。
新しい、方式が打ち出されると、斬新は旧モデルとなり、遺産となる。
要するに使えなくなる。
実家の物置に眠る、FMラジオからのエアチェック テープ。
血と汗と努力の結晶。放送時間には手をRECボタンに乗せスタンバイ。
蛍光灯のON,OFF,電子レンジは絶対に使うなと家族に念押し。
慎重にテープを頭出しした記憶はみんなあるのでは?
俺はハイポジ=SONY JHFが好きでこだわった。DUADは高いだけで音がこもりBad。
ただ、
聞く術はあるのだろうか?
フロッピーも夢の記憶媒体だった。
VHSにはキャンディーズやピンクレディが眠っている。
カメラフィルムの大量のネガ。
レコードはかさばるが捨てられない。
俺ら おっさんも自分では斬新な方だと思っている。
すでにレガシーデバイスなのか。
おっさんの意見や発案を再生する機械はもう無いのかもしれない。
とすれば斬新はもう過去のもの。
退屈で繰り返しの日常の中に活路がある。
これは得意技。
さあこれからだ!