title

ブログパーツUL5

おきてがみ

269ml
壊れ始めてる。既成は全て。何か新しいことを一つ。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

本屋に行く理由

 

無い時に行く。理由だ。

欲しい本があるときには、本屋には行かないでインターネットが確実に手に入れられる。

 

これは良い事かな?

本屋には、かつて夢があった気がする。

 

待ち合わせる。

 

気がついたらいる。

 

雨の日は............。

 

中学、高校のときには学区内なら必ず、誰かがいる。

店番が、可愛い。あ、これはタバコ屋かも知れない。

 

あのインクの匂い。

夏休み。青春の一冊。ヘミングウエイ。

村上春樹は読まなかった。

 

今行く本屋は、昔よりにぎわっている気がする。

にぎやかだ。

かつての、本屋は静かだった。図書館と同じ静粛さ。

今はにぎやかだ。

文具もある。

 

たまに行きたくなる。青春があった。今もあるかも。

いま、新鮮な青春を迎えたいる者たちにトッテ。

ホンヤトハ、ナンダロウ。

 

自分の活字中毒に辟易し本屋行くのをやめて、一年ほど経った昨日。

夏の終わりの日に、なんか無いかな。本屋に行った。

 

すごいネガティブなタイトルで知った名前の映画監督の書いた物。

この本は

これを読んでみようと思わない人達が読むべきだろうなと

思ったりもして。

楽しみに秋を迎えた。

 

「秋が好きだ」と言わなかったっけ。

 

9月。

太陽暦だが、秋に入った。

一日二日が土日なのでまだ夏休み、秋なのに。

台風が、強い台風が寄ってきてるので、三日四日も暴風雨警報が出れば、夏休みは続く。

過ぎてしまった8/31は大晦日より、「ああ」と思う日。

夏が終わる日。

宿題のデッドライン。死行DIEとも呼ばれているらしい。

大晦日より重要な、

それが、150年ぐらい前に、明治時代の2の年に制定された。

サンマタイムも欧州では廃めそうだ。

そんなのを、復活させるのかよ。

 

太陰暦がいい。

月は、日本人の心に寄り添っているし、年中行事の大半は月の満ち欠けに依存する。

わしゃ知らんけど、サンマタイムにするくらいなら、太陰暦にもどそうよ。

 

月の方が、艶やかで、色っぽいではないか。

あかちょうちん

 

「貨物列車が通ると揺れた。」24時間通る。日本の大動脈だから止めてはいけない。

当然のこと。居着いた頃は、いちいち目を覚ましていたが、いまでは風の音と変わりない。

揺れるのも風。

慣れたなぁ。ゴトゴトと通るのが少ない日もある。そういう日は月が出ていたり、

真っ暗で新月と判る。

寝ていて電車を乗り越すと、たいていは降りるはずだった駅を発車した直後に目がさめるので、

自分の部屋が通り過ぎていくのを見ていた。

ああ、また逆戻りね。

繰り返すと結局は、夜道を歩くことになる。

時限はないし、急ぐことはないし、帰る必要すら無い。

そこは何処なのかわからない。

それなのに居て、また、貨物列車が通る。こるくぼーどが多肉植物の上に倒れた。

あー。

ごめん。

また、丑三つ時を過ぎた。お化けも最近は出てこないし。寝てしまう必要もない。

酒だけが進み、夜も更けていき、深くなる夜の色が、夜明けに向かう頃寝るのだ。

静かに静かに、春は、夏になりながら、冬に戻りながら、季節が進む。

時間は貨物列車のようにゴトゴトといわないし、時計の電池が切れても進んでいる。

 

さて、ワイングラスを洗って、

うららかに

 

ああ、一世代戻るが”ブログ”というものがあったorある。

一旦、全非公開にしていたのを引っ張り出してきた。

この存在を知っていたのは数名だね。

また始めようかなと思いながら読んでいくと、すでに書いている事が多い。

ストックはたっぷり千以上の既投稿がある。

さして、新しい記事を作らなくても非公開を、公開すればいいかなと思いました。

 

徐々に。

 

 

4月は終わり、何かが始まる

 

圧倒的優勢な状況で、戦えば必ず相手をメタメタにできることが想定される。
いつもこういう状況では相手に助け舟を出してしまい。勝てない。
勝たないのではなく、勝てないのだと思う。
これは、仕事とかでなく、自分の領域での事。
情けをかけていると言うのでは無さそう。
なんとなく、
絶対的優勢の環境下で負ける事の情けなさから逃げているのではないかと思う。
これは、絶対的劣勢で戦って来た事が多いからだとも思う。
こちらに関しては、仕事も含んでいる。
劣勢か、優勢か、というのは思い込みの領域かもしれないが。
気がつくと自分を劣勢に置いている。
ただ単にこの立ち位置が好きなのだろうか。
性格的欠陥か、刺激を求めているのか。
据え膳食わずは..................。

 

据え膳を喰うのは男の恥だとも言う。思っている。
思っていなくとも、行動の結果だ。
5年越しの、劣勢が一気に優勢に転じたとき。
攻められない。
全面降伏の様相を、見せてくれたのに
降伏させることを見送った。
言葉にはできないが、
後悔が残っている。
しばらくは、考えがまとまらない。
チェコスロバキアで行われた肺がん検診の報告

 

20年以上前にチェコスロバキアで行われた肺がん検診で追跡調査が行われています。
ちなみに日本では、検診を受けることが必要だという大前提なので、追跡調査はほとんど行われていません。
チェコスロバキアでは、
検診を定期的に受けていたグループは、受けなかったグループより肺がんで死亡する率が圧倒的に高く、肺がん以外の病気による死亡率も明らかに多いという『結論』が出ています。
推測でなく『結論』です。
ヨーロッパやアメリカでも精密な追跡調査が行われてきましたが、
同様の結果が大多数でした。
『検診を受けようが受けまいが、長生きには関係ない』
肺がんの検診でなぜ死亡率が高くなるのか。
理由の一つはエックス線検査(放射能照射)にあると思われます。
マスコミは、
政府は、
医療機関は、声を揃えて言います。
「エックス線検査で被曝するけれど、がんの早期発見のメリットの方が大きい。」
イギリスでは、
(医療用)エックス線検査で起こったと推測されるがんを調べたデータがあります。
日本人のすべてのがんのうち、3.2-4.4%はエックス線検査が原因とされています。
日本人に対して、このレポートは、
マスコミも、
政府も、
医療機関も、
とりあげませんでした。
肺のエックス線検査でさえがんを作るのですから、
放射能被曝が数10倍から100倍以上もあるCTを使った検査はどうなのでしょう。
アメリカでは、CTを繰り返し受けると、がんが10数%増えるというデータを公開しています。
それがアメリカ大好き、日本では全く問題になりません。
そして、日本のCTの普及率は、世界ダントツ1位です。
当然、検査もガンガン行われている訳です。
日本人は毎年、定期的に放射能を浴びてがん患者になろうとしているのです。
さらに、その放射能でがんになっている可能性すらあるのです